カブぶぶぶ!!

リトルカブのサイト。機械音痴な私が、中古の茶銀カブを賜りました。どこまでこれをカスタムしていくのか自分でも分かりません。が、今、私、生来のメカ音痴ながら、幾らかの「男の子気」を出してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブー!工具購入およびオイル交換

工具セットを買った。 キングスレーの工具

こういう赤いのに憧れてたんだよね。ちなみに左下の赤いポッチリは愛用の足裏ツボ押しだ。

内容的には

『工具箱は、ボールベアリング式を採用し開け閉めが、
スムーズに出来る様に成っております
工具の製造は、Link社のツール向けブランド、
キングスレー(Kingsley)のOEM生産品です

【セット内容】
両口ロングスパナ:6×7・8×9・10×12・11×13・12×14・14×17mm
メガネレンチ:8×10・11×13・12×14・14×17・19×21・22×24mm
ヘキサゴンレンチ:5・6・8・10mm
ソケット(6角):6・7・8・9・10・11・12・13・14・15・16・17・18・19・20・21・22mm
ディープソケット(6角):7・8・9・10・12・13・14・17・19mm
インチソケット(6角):1/4・5/16・3/8・7/16mm
トルクスソケット(いじり止め付):T30・T40・T45・T50mm
スパークプラグソケット:16・20.8mm
エクステンションバー: 75・150・300mm
ペントラチェットハンドル(プッシュ式): 277mm
ラチェットハンドル(プッシュ式):178mm
ユニバーサルジョイント:50mm
スライディングTハンドル:162mm
フレックスハンドル:245mm
スチールボックス:ボールベアリング式
※ラチェットレンチは、プッシュ式で使い勝手の良い、購入仕様に成っております!』

ということだ。ヤフオクだ。14800円で落札。高かった。KTCなんて
高嶺の花。とりあえずよく分からないメーカー「キングスレー」
で今後は行く。100均一工具ではいつオイルドレンボルトをなめて
しまうかもしれないのだ。

この工具の購入は何を意味しているかというと今後もカブに乗って
行きます!!、という決意表明に他ならない。

いままでバイクなんて全く僕の生活と関係ないものだったのに
義理の父からリトルカブを譲り受け、いつの間にかのめり
込み、とうとうここまで来た
(他のカブサイト見てると僕なんて幼稚園入学前の
「バブー」状態だけど、、)。

そう、工具が誕生祝いだ。

さあ、カスタムするぞぉ。

と、意気込んでみたがとりあえずは、オイル交換から。

えー、ホンダG2オイル入れてから、500キロくらいしか走ってないんですが、交換しました。Castrol/Activ4T/JASO MA/10W-40に。

なんか、やっぱりG2はギアチェンジが「ガシャン、ガシャコン」って感じで、足裏に心地よくなかったんです。

で、色々試してみようと、評判も前にどこかのHPで見てた
手頃なCastrol/Activ4T/JASO MA/10W-40が、デザイン変更で
旧バージョンがバーゲン時に2700円/4Lで安売りされて
たので、買ってたんですね。

換えたところ、随分良くなりました。「ガシャン」が「カシャン」
っていうくらいになり、振動とかも少し収まりましたね。音も
なめらかに。

でも、やっぱり三木サイクルでオイル交換してもらったオイル。
おそらくワコースの時の滑らかさには敵わないですね。
あれは凄いです。カブにとってはかなりの贅沢オイルだと
思われます。

でも、今回のCastrol/Activ4T/JASO MA/10W-40だって、値段的にも
性質的にもホンダG3レベルだというインプレを読みました。

カブに入れるになかなかのオイルのはずです。個人的にはこのくらいが財布にも優しく、ちょうどいいかなぁ、と思ってます。

 次はブレーキシューとタイヤを交換予定です。早く貰い受けた時のパーツを更新して(交換)、自身で全パーツがどういう風に付いてて、どのくらいヘタッテるかを知りたいと思う、今日この頃です。

 まぁ、かなりの「機械オンチ」なんで歩みはゆっくりですけど徐々に勉強していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cubbbb.blog78.fc2.com/tb.php/29-48ca12b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。